スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂の上(18)

蓮の指がキョーコの唇に触れた。

柔らかい唇の感触に蓮は指を戻すことができず、しばらく唇に触れた後その温もりを楽しむように指を滑らせた。

キョーコはその行動にゾクゾクと背筋に鳥肌が立つのを感じた。

いままで本当にただの後輩として扱われていたのを感じると寂しく思うのと同時に、女性として扱われる緊張感をワクワク、ドキドキして楽しんでいる自分に驚いていた。

「最上さん、そんな顔で見つめられると出かける前にどうにかしてしまいそうだよ?」
瞳の奥まで届くような視線にキョーコは見入っていた。言われた意味を考えるよりもその瞳に吸いこまれ、何気ない疑問がポロリと口から零れ落ちた。

「敦賀さん・・いつも・・こんな言葉を女性にかけているんですか?」
その言葉に蓮がニヤリと不敵に笑う。

「・・・・どうだと思う?」

「・・・・残念ながら私には経験が少ないのでわかりません。でも・・・・」

「でも・・?」

「あの・・いえ・・・・大丈夫です」
私が初めてと言う訳ではないような気がします。と失礼なことを言いそうになりキョーコは慌てて言葉を止めた。

「そう・・・・」
少しだけ寂しそうな瞳に見えたのは気のせいだっただろうか。

いつもなら答えを訊きだすまで話題をすり替えないはずなのに、その話はそこで終わるとキョーコはいつもと勝手の違う蓮の行動に落ち着きなくソワソワし始めた。

「・・その答えはこれから教えてあげるよ・・」
そう言うと蓮は再びキョーコの腰に手を添えて駐車場に向かうエレベーターまでエスコートした。

エレベーターを待つ時間が永遠のように感じる
腰にまわされた手は全神経が集中して、まるでそこに心臓ができたような気がしていた。

・・こんなことじゃ・・やっぱり子ども扱いよね・・

何か子ども扱いされない方法はないかと、そんなことを考えていると チン と言う音と共にエレベーターのドアが開いた。

・・でも・・もう、子ども扱いされたくない!

そう強く思うとキョーコは不思議と心が軽くなるのを感じた。


「・・・・・・蓮・・さん」


「・・え?」

「今夜はお名前でお呼びしても良いですか?」

まるで役を掴んだ時のように心が躍る。
走り出した心は、キョーコを緊張から解放し大人の女性へと近づけた。

「・・・こんな密室に入る前にそんな色っぽい顔で名前を呼ばれると、大人しくしていられそうにないね・・」

そう言うと蓮はエレベーターの閉まるボタンを押しながらキョーコを自分とドアの間に立たせその顔を覗き込むと不敵に微笑んだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。