スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それにする?それとも・・

あぁ~ら

お久しぶりの
それともシリーズ!!


今回はどんなお話しなんでしょうか・・・

「それ」が何かわかるとちょっと可愛い蓮様を想像することができます。

それでは、行ってらっしゃいませ!




「・・・・・・兄さん・・」

なんで・・・・その手に持ち続けているの?

セツカが言葉の先を呑みこんで、視線だけでそう促すと
カインはニヤリと笑いその手に持っているそれを愛おしそうに見つめ
そして
・・・・チュ と軽い音を立ててキスをした。

昨夜届いたそれをひどく気に入った様子でカインは朝からそれを片時も離さずブラブラと持ち歩いていた。

その様子はカインの外見にひどく似合わず、キョーコは役に入り込めない自分を呪いながら、それを買ったことを後悔していた。






「兄さん・・買い物・・・・もう必要ないって言ったじゃない・収納するところがないから、もういらないわ!・・ねぇ・・ちょっと?」
いつまでも返事がないことにセツカは痺れを切らしてカインに視線を向けると、意外なことに店頭に飾られているそれを食い入るように見つめていた。

「何?・・なんか兄さんの心をひきつけるほどのものがあった?」
少し離れた場所にいるカインは、じっとそれを見つめ一向に動く気配がない。その視線の先が気になって、セツカは隣までゆっくりと歩いて行くと兄さんの横顔をじっと見つめた。

どこか愛おしそうなカインの視線にチラリとその視線の先に目を向ける

「・・兄さん・・・・まさか・・それが欲しいの?」

カインはニヤリと不敵に微笑んでセツカの髪に手を差しいれるとその顔を固定するように掴みジーとセツカを見つめた。

「・・・・本気?」

「あぁ・・」
カインが短くそう言うと、キョーコは自分の心に鞭をうち、セツカになりきろうと努力した。

「クス・・いいわね、兄さん・・それ、私もほしいわ?」
その答えに満足したのかカインの瞳がキラリと光ったように感じた。

「じゃ、頼んでから帰るか・・・・」

そう言って店を後にしたのは3週間前だった・・・・。






撮影が終了し、ホテルに戻るとすぐにそれを手に取りまたブラブラと手に持ち歩いて冷蔵庫の前に向かう。
そんなカインの様子を見つめキョーコはため息をついた。
役になりきっているとはいえ、あまりの徹底ぶりに悔しさを覚える


ビールを手に取るとテーブルの上にそれを置き、優しい眼差しを向けるとグビッと一気にビールを飲み干していた。


・・本当にすごい・・
敦賀さんの役作りの徹底ぶりといったら・・到底真似できる気がしないわ・・

妹大好きの兄
兄大好きの妹

・・ん?

キョーコは何かが頭に引っかかったような気がして、ベッドの上に座り込むとカインを見つめ、そして兄の目の前に置かれているそれに視線を向けた。

妹大好きな兄・・・・
兄が大好きな・・妹・・

その言葉を心に響かせると、キョーコはテーブルのそれとカインを交互に何度も見直した。


あぁ~そうか!
なぜ、自分が役になりきれていないと感じたのか、その答えが目の前に現れた気がしてキョーコはニンマリと笑った。

「兄さん!」

「なんだセツ・・?」

「そんなのばかり可愛がらないで本物の私の方を可愛がってよ!」
プクと膨らました頬をほんのりと染め、テーブルからそれをカインのベッドの方へ放り投げると、その代わりにセツカがテーブルの上に座った。

ニヤリと嬉しそうに笑う兄の顔にムッとするそぶりを向けるとカインは腕を伸ばしてセツかを抱き寄せた。


「なんだ・・寂しかったのか?」

「そ、そうよ・・悪い?」

「いや・・悪くない・・」
そう言うとカインはセツかを力強く抱きしめて耳元で囁いた。

「セツ・・お前だって俺の人形を隣に置いて寝てるだろう?」
セツカのベッドの上にはカインそっくりの40センチくらいのぬいぐるみが凶悪な雰囲気を放ち座っている。

「う、うるさいわね・・いいじゃない・・だって・・そっくり・・なんだもの・・」

「なんだ、添い寝してほしいなら、お前のためだったらいつでもしてやるのに・・・」

「ぅ・・じゃ・・・・きゃぁああ!」
キョーコがそう言いかけたところでふわりと体が宙に浮いた。

「なんだ・・せっかく買ったのにな・・」
役目は終了だと言わんばかりにそう言うと、残念そうな声ではなく、嬉しそうな声の響きにキョーコは蓮を見上げた。


その表情が敦賀さんに見えたのは気のせいだと自分に言い聞かせその首に手をまわした。

なんか・・私・・空回りしている気がする・・

兄が大好きで仕方ない妹・・
妹が大好きな兄・・


このまま本当に添い寝しても大丈夫だろうか・・
もう、心の鍵がすべて壊されてしまった気がしてどうすることもできなかった。

・・そばにいたいと心が言っているような気さえする

そんなことを思いながら蓮の首にしがみつき、キョーコはその答えを探していた。


「・・・・兄さん・・添い寝してくれるの?」


「・・・・お前がそうしてほしいならな・・」

「じゃ、お願い・・」
微かに聞こえたその答えに、蓮が一瞬動きを止めた。






その後2人がどんな夜を過ごしたのか
楽しく想像していただけると嬉しいです。




おしまい


どうしてもカインにセツカ人形を持たせてみたかった・・・
小さな自己満足・・うん・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。