スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATⅡ(4)

あれから3日たった。

蓮に電話をしようと何度も携帯電話をみつめ、結局連絡することができずキョーコは深いため息をついた。

そしてまた同じ店でショウちゃんと待ち合わせ・・
偶然会ったりしないだろうか・・

そんなことを考えながらボーっと窓の外を眺めていた。


蓮の学校の制服を着た数人が店の前を通過する。チクリと胸の奥が痛んだことにキョーコは苦笑して待ち合わせの時間を確認するように腕時計に視線を向けた。
視界の片隅に蓮からもらったキーホルダーが映る。
それに手を伸ばそうとしたところで、聞きなれない声で、自分を呼ぶ声が聞こえてきて、キョーコは、ゆっくりと振り返った。

蓮よりは少し背が低いけど十分に長身の部類にはいる学生が自分を見つめ、じっと立っていた。
少し離れたところから彼の様子をうかがうように同級生とお思しき女子高生達がキャァーキャーと黄色声を上げていることに気が付く。確かに彼も人目を惹きつける容姿をしている。

「あの・・キョーコさん・・・・ですよね?」
どこかで見たことがあると思いながら、その学生をじっと見つめると数日前の記憶がよみがえった。

「えぇ・・あなたは?・・蓮君のお友達?」

「はい、貴島と申します。・・ところで蓮の奴・・数日学校に来ていないんですけど・・もしかしてキョーコさんの家にいますか?」
ぶしつけな質問ですみません。と謝りながら貴島が心配そうな表情で尋ねてきた。

「い、いえ・・えっと・・その私も会っていないので・・・・あの蓮君学校を休んでいる理由って・・?」
キョーコが心配そうに首を傾げて尋ねると貴島が恥ずかしそうに少しだけ視線を逸らした。

「初日は風邪って言っていたんだけど・・それからは音信不通。学校には1週間休むって連絡があったみたいなんだけど・・携帯電話に連絡しても出ないし・・もしかしてキョーコさんのところに入り浸っているのかと思って・・ってすみません失礼なことばかり言ってしまって・・」

「いえ・・いいのよ?気にしないで?・・でも私の家にもよく来るわけではないの・・それにこの間・・ここで会った時。あの後また蓮君に会ったんだけど、ちょっと喧嘩しちゃって・・それから連絡してないの・・だから私の家に来ることはないと思うわ?」

「えっ?・・蓮と喧嘩ですか?・・アイツが喧嘩することなんて・・」

「喧嘩と言っても・・ちょっとした・・その・・・・」
キョーコが言い辛そうに口元を歪めると、貴島は納得したように小さく頷いた。

「蓮の奴・・キョーコさんのこと本気ですからね・・この間キョーコさんが男性と一緒にここを出るのを見て、すごい表情していたし。その後すぐに追いかけるように店を出たから・・直ぐに会えました?・・学校であれだけモテるのに、まったく他の女に見向きしないんですよ・・」
ひとり言のようにつぶやく貴島を眺めキョーコは複雑な心境だった。

この間蓮君にここで会った時間て、14時だったわよ・・
その後着替えてから私の家まで2時間あったとしても自転車置き場に4時間以上外にいたってこと?

それに貴島君の話・・あの容姿であの気配り・・
モテないわけがないわよね・・


「そんなわけでキョーコさん・・これアイツの家の住所なんだけど・・時間つくって会ってもらえない?もし風邪だったらアイツ何も食べないで数日過ごしている可能性あるから・・俺も心配で今日行こうと思ったんだけど、俺よりもキョーコさんの方が適任そうだから・・たまにはアイツの我儘聞いてやってよ。・・いつも自分のこと最後にするからさ・・」
貴島の言葉に驚いてキョーコは渡された住所を見てそして再び貴島に視線を戻した。

「蓮はね、何でも手に入る環境にいるのに何も欲しがらないんだ・・でもここ最近どうしても手に入れたいものがあるって言ってさ・・それきっとキョーコさんのことだね?アイツがあんなに取り乱して人を助けるところなんて見たことなかったよ。いつも涼しい顔で卒なくこなすのを癪に思っていたけど、人間らしい一面が見られてよかった。最近アイツが人間らしくなったら増々ファンが増えて、はっきり言って俺は引き立て役だぜ・・」
そんなことを言いながら貴島が手を振って、学生たちの輪に消えて行った。


「おい、キョーコ・・・・?」

「あ、ショウちゃん・・・・」

「なんだよ?お前から呼び出したくせに・・で、返事くれるんだろう?」
少し緊張した様子の松太郎の表情にキョーコは少しだけ心が痛んだ。

「うん・・あのね・・私好きな人がいるの・・だからショウちゃんのことはもう追いかけない。ごめんね、今からその人の家に行くから・・」
キョーコはショウの返事を訊かずに、慌てて店を出た。

ポツポツとまた小雨が降りはじめる。


雨の日は嫌いだった。
でも、雨はいつも蓮君を連れてきてくれる。
今度は自分から会いに行こう。
会えるかわからないけど今どうしても会いたい。

好きだと伝えたい。


キョーコはタクシーに乗り込むと、もらったメモの住所を運転手に告げた。

「あぁ~そのビルね・・ずいぶん高級マンションに行くんですね・・」
運転手の一言にキョーコは驚いて返事をする。

「高級マンション・・なんですか?」

「なんだお客さん知らないのかい?・・あんな有名はマンション。ほとんど芸能人やら著名人ばかりが住んでいるんだよ・・」

その答えにキョーコはやっと動き出した自分の足が、再び鉛でもはめられたように動かなくなるのではないかと不安に駆られた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。