スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長の陰謀(101)

「アルマンディとの契約は昨夜で終了したんだ・・だから行かなくても良いんだ・・」
抱きしめられた腕の中で蓮が感情を押し殺したような声でポツリとつぶやいた。

「でも・・行っても良いんですよね?・・・・だったら行ってみませんか?」

契約が終了していても昨年の実績から、パーティーへ参加することには問題がなかった。
ただ、その先がないのにわざわざ彼女を連れて行くことに蓮は躊躇していた。






小規模なパーティーと言うにはあまりにも豪華な会場にキョーコは驚くばかりだった。蓮は彼女を守るようにエスコートしながら、迎賓館を思わせるような会場へ足を向ける。

「あの・・敦賀さん・・その・・私なんかで良かったのでしょうか?」
ドレスアップして、DARKMOONの打上の時よりさらに大人びている彼女に 私なんか でと言われて、蓮は笑い出しそうになった。

「クス・・最上さん・・私なんか、じゃなくて『私で良かったでしょ?』の方が、今の君には似合っているよ・・すごく綺麗だよ・・」
蓮の賛辞にキョーコは頬を染め視線を彷徨わせた。

訪れる抜群のスタイルの美男美女に気おくれしながらも、周りの人たちに視線を向けると、その視線の先が蓮に向いていることに気が付いた。
チラチラと見られていることにキョーコは落ち着きなくソワソワしはじめた。

「どうかした・・?」

「なんだか・・視線が痛い気がして・・」

「あぁ・・君があまりにも綺麗だから・・みんな見ているよね。そのうち慣れるから、大丈夫だよ?」

「い、いえ・・私ではなく・・敦賀さんのことを見ていると・・思いますが・・?」

「ん~、確かに俺がどんな女性を連れているのか気になるとは思うけど、この視線は・・君に見とれているんだと思うよ?」

これから君がどんどん綺麗になっていくと心配だ・・

そんなことを心の奥で呟きながらキョーコをエスコートして会場の扉をくぐった。

豪華な入り口のから中に足を踏み入れると、奥にステージのような小さな舞台が用意されていた。
装飾品は最小限におさえ、その代わりにたくさんの花と木が植えられていた。
白を基調とした室内はリゾート地を思わせるような開放的な空間になっていて、リラックスできるようになっている。

「何か飲み物をとってくるから、ここに座っていてくれる?」
キョーコが頷くのを確認すると蓮はニコリと笑い椅子を引いた。

「さて、お嬢様・・何を飲みますか?」

「オレンジジュースとか・・お願いできますか?」

「かしこまりました。」
冗談のように笑いながら蓮がその場を去ると、キョーコは急に不安になった。
どこを見ても周りの人は10センチ以上も自分より背が高く、ヒールを履いているにもかかわらず、まるで自分が小人にでもなったかのような気分だった。

落ち着くことができず会場の入り口に視線を向けると、開始時間が近づくにつれ、入り口の人の流れが多くなる。
テレビで見たことのあるパーティー会場なんかより、よっぽど豪華なメンバーにキョーコはゴクリと喉をならした。

入口に視線を向けていると見覚えのある派手な衣装をみてキョーコは微笑んだ。その横には3カ月間自分を支えてくれるようにそばにいてくれたセスがいる。
その光景を見ると不安だった心が少しだけ軽くなり、キョーコは、安堵のため息をついた。


蓮が飲み物を手にして戻ると、キョーコが入口に視線を向け柔らかい笑みを浮かべているのを見て蓮もつられるように入り口付近に視線を向ける。
その先には、見慣れた派手な衣装の社長とその秘書兼執事の姿を目にしてキョーコが微笑んだ意味を理解した。

「最上さん・・俺のいない間に他の人に浮気心かな?」
クスリと笑いながらそんなことを言うと、キョーコが心底驚いた顔をして蓮を見つめた。

「そ、・・そんなことありませんよ?・・確かに素敵な方でしたが、今の私には、つ・・・・」
とんでもないことを口走りそうになってキョーコは真っ赤になって顔を隠した。

「私には?・・・・その先は教えてくれないの?・・それに・・素敵な方でした。って過去を語れるような人がこの会場にいるとは・・知らなかったな・・」

蓮は再びキョーコが見ていた先に視線を向けた。
キョーコが知っているような人物は視界に入らず誰のことを思っていったセリフだったのか蓮は気になった。

「そ・・そ・・それはぃ言えません。」
今にも火を噴きだしそうなほど真っ赤な顔をして蓮を見上げる。それでも彼女が見ていた人物が気になって蓮は探るようにキョーコに視線を合わせた。

「今、見ていたのは・・社長だよね?・・それと・・誰を見ていたの?」

「え?・・っと・・あ」

「私のことだと思いますよ・・レン・・」
聞き覚えのある声に蓮が振り返る
いつの間にか背後にセスが立っていて蓮は険しい表情を見せた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。