スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長の陰謀(97)

「敦賀さん・・・・あの・・どこ・・へ?」
助手席からキョーコは蓮の横顔を眺めた。チラリと向けられた優しい視線にドキリと心臓が脈打つ。

「うん・・ちょっと会場入りする前に・・君に話したいことがある・・聞いてくれるかな?」

「・・はい」
なぜか不自然なほど心臓がどきどきする。
敦賀さんの行動一つ一つに圧倒されているようで、瞳が離せないでいた。

「・・ん?・・どうかした?」
じっと見られていることに気が付いて蓮がキョーコに質問をするとキョーコは慌てて視線を逸らした。

「いえ・・大丈夫・・です」

「・・最上さん・・俺に訊きたいことがある?」
その質問にどうやって答えて良いのかわからず、キョーコはうつむいたまま自分の髪に触れ答えを探していた。

「・・もう少しで到着するから・・そうしたら最上さんの話を先に聞くね・・」
その優しい声にキョーコは小さく頷いた。

でも、いったい何をどうやって聞けばよいのか・・
何が知りたいのか・・
自分自身でその答えが見つからず、キョーコは落ち着きなく何度も助手席に座り直していた。





ヒール兄妹として過ごしているホテルに到着してキョーコは少しだけほっとした。自室に戻るのかと思いエレベーターホールに到着すると蓮がこれから行く場所は部屋じゃないよ?と小さな声で教えてくれてキョーコは蓮を見上げた。

エレベーターが到着すると蓮は3Fのボタンを押し、キョーコの肩を抱いてエレベーターに乗り込んだ。

「あの・・敦賀・・さ・・ん?」
どこに向かうのか不安になりキョーコは再び蓮を見上げる。

「ん?・・これから行く場所はね・・・・っと・・到着しちゃったね・・クス」
蓮が説明を始めるまでもなくエレベーターが3Fに到着した。
正面に豪華な花瓶が置かれ、中には見たこともない綺麗な花が上品に飾られていた。

視線は花瓶を通り越し、その先にあるガラスの扉へと向かう。
真っ白な大理石と思われる床がキラキラと水面のように輝き、さらにその奥に見えたステンドガラスと彫刻にキョーコは呆然と立ち尽くした。

「え・・・・教会・・?」
その部屋だけやけに輝いて見えた。
真っ白な輝きが目にまぶしいほどで、キョーコは瞳を細めた。

「・・そうだよ・・最上さんに話したいことと、謝りたいことがあるからね・・なんとなく・・・・お手をどうぞ?お姫様?」

どこか夢見心地に差し出された手を握ると、この場所にふさわしい天使のような優しい笑顔で微笑まれキョーコの心は少しだけ暖かくなった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。