スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長の陰謀(67)

「おはよう・・ゴザイマス・・つ、ツルガサン・・。」

真っ赤になりながらキョーコは蓮に挨拶をすると、蓮はキョーコの枕の横に手をついて身をのり出した。
まるで抱きしめられているような錯覚に身体が緊張する。

ふわりと蓮の香りが優しくキョーコの周りを包み込むと、蓮がじっと見つめていることにキョーコはなんとなく予感を覚えた。
近づくガラス玉のような綺麗な瞳が嬉しそうに微笑でいるように思え、キョーコは無意識のうちに瞳を閉じると、キスを待ちわびた。


優しいキスがキョーコの唇に落ちる。
チュ と微かな音と柔らかい唇の感触が離れていくと、心に少し寂しさが残りゆっくりと瞳を開いた。
蓮の真剣な瞳が少し寂しそうに見えキョーコは不安になり尋ねた。

「敦賀さん?・・どうか・・しましたか?」

「・・うん・・・・君のことを好きになりすぎて・・どうすれば伝わるのか考えていた・・。」
言われたセリフに真っ赤になりながらも、それだけではないような気がして、キョーコは素直に喜べなかった。
優しい視線の奥に何か見えない壁を感じた。
キョーコはそれが何か知りたかった。

「敦賀さん・・何か心配なことが・・あるんですか?」
その質問に蓮は驚いて一瞬動きを止めた後、苦笑した。

・・本当に俺の心の微妙な変化に気がつくんだ・・この子は・・・・


「まったく、君って・・娘は・・・・」
聞えないほどの小さな声で呟くと、キョーコの髪をくしゃくしゃとなで再びキスをした。


「ねぇ、最上さん・・・・君とセスはどういう関係?」


彼女の一番近くにいるのが自分だと思いたかった。
ただ、セスの存在が俺の心を不安にさせる。

彼女の信頼を確実に得ている彼に嫉妬している自分をどうにかしたくて、そんな質問をした。

キョーコは瞳を見開いた後、クスっと笑った。

その表情をみても蓮の不安は消えることはなかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。