スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一陽来復(前)

こんばんわぁ~♪

もぉ~~むりぃ~~!!!
今週こそは、1日1本にしようと思ったのに・・・無理だった・・

サイトのメンテナンスが・・どんどん間に合わない・・
だれか・・私の妄想をほんの少し止めていただきたい・・。
もぉ~これは、本誌様にものすごいラブラブを展開していただくしか道がなさそうです・・。


そんな私のサイトのメンテナンスに貢献してくださった方、ありがとうございます。
メンリクしてぇ~とお願いしたところ
こんな素敵なリクエストをいただきました!!

メンリクの内容
尚⇒キョコ⇔蓮 で 苦しむ『ヤツ』が見てみたいわぁ♪

とのことでした。はい・・リクエスターの方はもちろん蓮キョ様です!!

ということで尚ファンの皆様は・・・すみません・・。

※2月の上旬にメンリクしてくださった方
ちゃんと覚えていますので、いつでもよいのでリクエストくださいまし~
『まってまぁ~す(急がないでくださいませ)&覚えてますよ~の連絡でした。』


それでは、行ってらっしゃいませ!





最近泊まりに来てくれることが多くなり、蓮は少しだけ安心していた。
ゲストルームに泊まる度、少しずつキョーコの物が増えてきて、このままずっとこの部屋にいてくれたら良いのに なんてことを思っていた矢先、再び不穏な影がさした。


「敦賀さん・・そのお願いがあるんですが・・・。」
そう言って、キョーコは上目づかいに蓮にたずねた。

「そんな可愛い顔でお願いされたら、断れそうにないけど・・。あらたまって言うような内容なのかな?」
蓮は優しい笑顔を向けながら、心の奥は少し不安だった。
やっと手に入れたキョーコに何度かお願いをされたが、そのどれもがキョーコから蓮へのお願いではなく、俺に許しを請うような内容だったことを思いだす。

予感が確信にかわるのかもしれない・・また、あまり良い話ではない気がした。

キョーコ自身が、俺にお願いすることと言えば・・・。
はぁー とため息をつき蓮は、寂しそうにキョーコを見つめた。

キョーコに我儘を言ってもらえたら、それはとてもうれしいことなのに・・。
俺に頼まなければならないようなこと・・それが意味すること・・。

「そ、そのですね・・。」

「うん・・。」
キョーコは蓮をじっと見つめた後、視線を泳がせ落ち着かないそぶりを見せた。その様子をみて、やはり俺にとっては都合がよくない話なんだと・・あきらめた。

「今度はどんなお願い事・・?」

「はい・・その・・ちょっと・・人にあってきても・・・良いでしょうか?」
キョーコがわざわざ俺に言ってくるということは、相手は男・・・。
しかも落ち着きがないところを見ると、俺の知っている奴で、俺が会ってほしくないと思っている。
瞬時に2人の人物が頭をよぎる。

「・・誰と?」

「ぅ・・・。」
優しく言ったつもりだったのに、キョーコが少し怯んだということは、俺の心の奥を読み取ったに違いない・・。

「・・不破。」

「・・・・はい・・。」
チラッと見上げたその視線が、すでに謝っているように見えた。

「・・何しに行くのか・・聞いても良いのかな?」

「・・・・・・。」
口を強く結んで答えを躊躇する様子をみて、言いたくない一言を言うしかなかった。

「わかった・・行っておいで・・」
俺はこの表情に弱い・・。
最上さんを手放すくらいだったら、ある程度融通を聞かせて自由にした方が良いのかと・・。
こんなことを何度か考えた・・
まだ、その答えが出ない。
疑うわけではないが・・、心は素直に許してあげられるほどの余裕がなかった。

「・・あの・・ありがとうございます。」
その一言に心の奥がチクリと痛む。

・・・俺・・何やってんだろう・・。

「で、いつなの?」

「・・・・その・・・明日の・・・夜・・です。」
蓮はその言葉に瞳を見開いた。

「・・本気で・・言ってるの?」

「・・・・・や、やっぱり・・だ、だめですよね・・。」
明日の夜、蓮の仕事は珍しく20時に終わる、遅くても21時には帰ってこられる予定だった。その貴重な時間をわざわざ削ってまで会わなければならない理由・・それも教えてもらえず、ただキョーコを手放して自由にさせるなんて・・・。心の奥に再びチクリと何かが刺さるような感じがした。

瞳を閉じ髪の毛をかきあげる。
その様子をキョーコが見ているも気が付いていた。
ただ、視線をあわせることができなかった。

「・・わかった。」
短くそう言うのがやっとだった。

「ご、ごめんなさい・・・。」
消え入りそうなほど小さな声でキョーコはそう言うと不安そうな表情で蓮を見つめた。

そして俺はまた自分に嘘をついてこんなことを言う。

「行っておいで・・ちゃんと帰ってくるんだよ?」


「うん。」

キョーコの可愛らしいその一言で、蓮は少しだけ心が落ち着いた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。