スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢(前編)

なんのこちゃ・・またしてもSFチックになってしまいました。

ですが・・オチがとても気に入ったので、「なんのこちゃ?」とお読みいただき
オチまで無事到着していただけると嬉しいです。

前編・・謎だらけですが・・


どぉ~ぞ!!!

ピカッ
・・・・ゴロゴロ・・。



身体中に響きわたるほどの轟音。




え?・・ここどこ?

キョーコは見たことのない景色に驚いた。そして自分の姿を見てさらに驚いた。

こんな服・・持っていない・・手首についている見たこともない赤いブレスレットに視線が移る。

・・それにこの雨

雷と大雨・・・時間も・・わからない・・そして場所も・・。
キョーコは不安に襲われ、闇雲に走り回った。

寒い・・・。
暗い・・・。
・・怖い。

気が付くとキョーコは泣きながら走っていた。どれほど走っても知っている場所にたどり着くこともない・・もちろん知っている人もいない・・

え?
・・人が・・・いない・・?

お願い誰か助けて!!
いや・・・この世界から出して!!!



ピピピッ ピピピッ ・・・。

キョーコは目覚まし時計の音でゆっくりと目を覚ました。
ぼーっとした頭で天井を見つめ、いつもの見慣れた自分の部屋に安心した。
そしてゆっくりと手首を見つめる。先ほどまでしていた赤いブレスレットの存在はなくなっていた。
気が付けば瞳からいくつもの涙がこぼれ落ちていた。

「ゆ、ゆめ?」

キョーコは慌てて鏡の前に立つ。
いつもと同じように少し寝癖のついた髪をみて、大きくため息をついた。

「ふぅ~・・よかった・・夢か・・・なんてリアルな夢・・。」

―――――

キョーコは事務所に着くとラブミー部の部屋で宿題を始めた。
夢見が悪かったのが原因なのか、急な眠気に襲われる。時計に視線を向けると次の現場に行くまでにまだ1時間以上時間があった。

「少し・・寝ようかな・・。」

モー子さんも雨宮さんもいないラブミー部はとても静かで、静まりかえったこの空間は今朝見た夢を思い起こさせた。

・・・いったい私の頭・・どうなちゃったのかしら・・・。
あ・・だめだ!・・・眠い。

キョーコは携帯電話を取り出しアラームを設定すると、テーブルに突っ伏し、あっという間に眠りの世界に落ちた。


・・・・あ、まただ・・・。
昼なのか夜なのかわからないこの不思議な空間にキョーコはまた入り込んでしまった。
今度は夢の中だと実感できる。
早く目覚めないと・・そう思うのに体は一向に眠りから覚めようとしない。
仕方なく街の中を歩くことにした。

キョーコは両手を祈るように強く握りしめながら街の中を歩く。
人の気配のない暗い世界・・・
こ・・怖い・・。

キョーコは恐ろしいほどの恐怖に体中が小刻みに震えていた。
そして、しばらくその街を歩いていると、あることに気が付いた。

あ・・・この景色・・・。

最近よく見ていた景色だったことに気が付く・・そうだ・・敦賀さんが出演するBJの撮影現場に似ているんだ。

大雨は少しだけ落ち着きをみせ、体中に痛いくらいにあたっていた水滴も和らいでいた。
なんて・・リアルな感覚なんだろう・・。

そのままゆっくりと歩き続けると・・微かに扉の開く音が聞こえ、キョーコはビクッと体を震わせると、隠れる場所を探した。

・・何かが近づいてくる・・。
怖い・・助けて・・・。
お願い・・早く目覚めて・・・!

聞こえてくる足音にキョーコはそっと振り返る。何かが近づいてくるのにいくら目を凝らしても何も見えない。


・・つ、敦賀さん?
それとも・・・BJ?
あまりの恐怖に強く瞳を閉じた。


「・・みさん?・・・・最上さん?」
・・敦賀さんの・・・声・・・。

キョーコは、瞳を開くとラブミー部の部室に戻ってこられたことに安心した。

テーブルに突っ伏したまま大きなため息をつく。
眠っていたはずなのに、心なしか先ほどより疲れが増していた。
ふわっ と髪に触れる優しい感触にキョーコは身体を起しその優し感触が何か確認するため、あたりを見回す。

優しい陽だまりのような笑顔。

「・・・大丈夫?・・夢にうなされていたみたいだけど・・・。」
キョーコは少し焦点の合わない瞳でじっと蓮を見つめた。
現実の世界に戻ってこられたことに安堵のため息をつくと、涙が溢れそうになった。

「ノックしたけど・・返事がないからお邪魔したんだ・・寝ていたからそのまま立ち去ろうと思ったんだけど、うなされているみたいだったから声をかけたんだよ?・・大丈夫?」
そう言って心配そうに蓮はキョーコを見つめる。

「あ、ありがとうございます。助かりました。・・実は・・今朝見た夢の続きで、・・怖い夢を見ていました。自分では起きられなかったので、・・・本当に助かりました。」
そう言って再び蓮を見上げた。

「そう?それは・・よかった。」
微笑んだ蓮の顔にキョーコは少しだけ違和感を持った。

え?
・・BJの時の・・・表情?

キョーコは背筋に冷や汗が流れた。

・・・え・・・な、なんで。
キョーコは自分の着ている服を見る。

それに・・赤い・・ブレスレット・・・






私・・・まだ、目覚めていないの!!









あれ?サスペンス?
チャーチャーチャーン♪
  チャーチャーチャーン♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。