スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長の陰謀(23)

「わ、わ・・私ったら・・大先輩に向かってなんてことを・・・」
ラブミー部の部室であたふたと昨日の出来事を思い出していた・・・。
しかも今日は敦賀さんとヒール兄妹として過ごす日・・・.

あぁあああ・・・・どうしようぉぉお・・。
「あぁ・・・どうしよう・・・あんなことしなければよかった・・。」
そう言うとキョーコは蓮を抱きしめたときのことを思いだし・・一人で赤くなったり青くなったり目まぐるしく表情を変えていた。

「どんなことしたのよ?」

「えぇっと、だからその・・敦賀さんに・・・・・え?」
質問に答えようとしてキョーコは振り返った。

「もぉぉ~~子さん!」
いつの間にか部屋の中には奏江がいた。
両手を広げて奏江に抱きつこうとすると冷たい視線を向けられ仕方なしにキョーコは動きを止めた。

「もぉ~。あんた、一人でブツブツ言うだでも気持ち悪いのに。青くなったり赤くなったり・・いったい何をそんなに悩んでんのよ?・・で、敦賀さんと・・なんかあったわけ?」

キョーコは奏江を見つめると・・言おうかどうしようか目まぐるしく考えた。

「ぇ・・と・・大丈夫・・だと・・思う。」

「ふぅー、まったく・・で、誰にも言わないから言ってごらんなさいよ。じゃないと・・」

「いやぁあああああ、まって!!言うから・・・その一言は言わないで!!」
叫ぶようにキョーコは奏江の言葉を途中で遮った。

「じ、実は・・・その・・・。」
キョーコは仕方なくポツリポツリと話し始めた。


「・・え?あんたが?・・・敦賀さんを・・・抱きしめた?・・敦賀さんが・・じゃなくて?」
奏江は自分の耳を疑うようなその発言に・・馬鹿みたいに口を開けたまま聞き返していた。

「あ・・えぇ・・・と・・話すと長いんだけど・・その・・・。」
そう言って、キョーコは最近の敦賀さんの様子を簡単に説明し、セスの話を時折交えて話し終ると奏江はあきれた顔をした。

「で、あんたは何を悩んでるんだって?」

「えぇ・・と・・」
モジモジしたその様子は可愛らしいのだが、今の奏江は話をすすめたいためにイライラするだけだった。

「もー、はっきりしなさいよ!話が進まないでしょ!」

「そ、その・・・つ、敦賀さんを抱きしめてしまったこともあるんだけど・・・実はアルマンディのパーティに誘われて・・・」

「話がよく見えないけど・・それで?」

「えぇ~と、要は・・・敦賀さんのパートナーとしてパーティに一緒に行ってほしいって言われたの・・でもね・・・敦賀さんの横に並ぶなんて無理よ!!!・・しかも・・注目の的・・だからどうしても嫌だって言ったんだけど・・そうしたら・・」

「そうしたら?」

「今度、正装で隣に立ってみて?って言われてね・・それで、どうしても気に入らないっていうならあきらめてくれるっていうんだけど・・。」

「うん」

「受けて立つわ!・・っていっちゃって・・・えぇ~っと。・・あれ?モー子さん私・・・何に悩んでたんだけ?・・。」

「はぁ~~~。あんたね・・30分も話聞いてた私がばかみたいに思えるんだけど・・で、正装で隣に並んで気に入らなければ、出なくていいんでしょ?じゃ・・気に入らないっていえば終わることじゃない・・。」

「う、うん・・。私も今そう思って・・あれ?なんで悩んでたんだったっけ?」

「あぁ~も・・嫌!あんたの話に付き合った私が馬鹿だったわ!で、その後、敦賀さんにはいつ会う予定なの?」
キョーコは奏江の言葉に一瞬沈黙を作ると、瞳を大きく見開きムンクの叫びのようなポーズをとり絶叫した。

「・・・いやぁあああああああ!!」

「はぁ・・全く騒がしいわね・・・で、今日会うわけね?」
何も言わずとも奏江は理解した。

「わ、私どんな顔して敦賀さんに会えばいいの・・・。」

「知らないわよ!・・それよりあんた・・携帯なってるわよ?」

その言葉にキョーコはまるで瞬間移動したかのように、テーブルの反対側に置いてあるバックへ向かった。
そして慌てて携帯を手に取った。

「・・はい・・最上ですが?」

「あ、お姉様?マリアです。・・・ちょっとお姉様にご相談したいことがあって・・そのお時間いただけませんこと?」
どことなくしょんぼりした感じのマリアの声にただならぬ想いを感じた。
社内で偶然会った時に立ち話をしたり、たまに携帯にメールが来ることはあったけど・・直接電話をしてくることは今までなかった。

「あ、マリアちゃん久しぶりね?・・もちろん大丈夫よ!今日は少し早めに上がれるから・・・18時ごろにラブミー部室でもいいかしら?・・・うん・・・じゃ、そのときね?」

「えぇ・・お姉様ありがとうございます。・・では、時間になりましたらお伺いしますわね?」
そう言うとマリアは電話切った。


もちろんマリアはしょんぼりなどしておらず、切った電話を見つめニヤリと微笑んでいた。



「ふふ・・あぁ~楽しみ」

そんなマリアの声が誰に届くわけでもなく部屋に響いだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遊yuN (ゆうゆん)

Author:遊yuN (ゆうゆん)
スキップビートの蓮キョ不足解消のためにサイトを作成してみました。
定期的に更新できるか!とにかく頑張ってみるべし

カウンタ:


スキビ☆ランキング

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
りんく
1289741563.png 1289741563.png リンクはフリーですが、ご一報いただけるととても嬉しくて遊びにいっちゃいます。
艶やかな微笑
peach tea no1 様 光の箱庭
惣也 様 花のうてな
みなみ なみ 様 闇夜の光
カワ 様 melody
Rin 様(2/28に閉鎖されました) SKB
Agren 様 メルヘンの泉
春葵 様 クロクルzakki SB
kuroko 様 Little rin
凛 様
唐紅 -karakurenai-
焔 様
Someone's delusion
Kanamomo 様 pourripot
達磨 様 ド素人のスキビブログ18禁
氷樹 様 ド桃色無印
きゅ。様 こまどタイム
コマド 様 りぼりば -Reborn/Rebirth
ともこむ 様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

りんく
花とゆめサーチ
花とゆめサーチ 様 スキビサーチ
スキビサーチ 様


LOVER'S NAME
榊 伽夜 様 五十歩百歩
霧崎 様 珍魚落雁
ことりん 様 Dog tail Cafe
夏那様 Om Mani Padme Hum
HINA様 Feast of eternity
珠々様 Feast of eternity ミシャ様 Feast of eternity
真蘭様 Feast of eternity
EyeCo様 Feast of eternity
ミス・ルイーザ様 ☆Happy cosmetics☆
りつか様
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。